久留米市宮ノ陣町八町島・ゴミ焼却場建設・わたしたちの主張 
 
 久留米市宮ノ陣町八丁島・新ゴミ焼却場建設について

本文へジャンプ
  新ゴミ焼却場建設は本当に必要なのか

久留米市は、昭和63年、バブル絶頂の頃、上津クリーンセンターを合わせた南北2ケ所にゴミ焼却場を造る方針を出し、宮ノ陣町八丁島を北部建設予定地に選定しました。

私たちは、ゴミ焼却場の新設が本当に必要なのか、久留米市の税金の使われ方、また地元の声など多面的に検討しました。

問題点 @

ゴミ焼却場はもう一つ必要なのか

  • 現在、上津クリーンセンターは2基の焼却炉の稼動で対応できていて、余力がある
  • 今後、人口が減っていく
  • また、ゴミをもっと分別することで燃やすゴミは減る
  • 実際、ゴミの量は、7年連続で減少している
  • 現在の上津焼却場は、300t/日の焼却能力に対し、日量200tを焼却しています市は、この上津クリーンセンターを、平成23年度より24年度にかけて、12億円の費用で補修・改修しており、日量200tという現行の実働処理を今後15年間は維持できると発表しています。

【参考】

久留米市は、これから高質ゴミが増えてくるので、現在の焼却炉(上津クリーンセンター)では不足する、といっています。

しかし、上津クリーンセンター業務を委託している潟^クマの意見は、高質ゴミを燃やしたとしても、その処理能力は88%程度になるくらいだと説明しています

ごみが増える、焼却場が不足という久留米市の説明は、まったくの数字合わせで、私たちの質問にきちんと答えられずにいます。

市の、建築ありきの行政は、きびしく糾弾されるべきであり、多くの市民に知ってもらいたいと考えます。

上津クリーンセンター
「広報くるめ」掲載の八丁島のゴミ焼却場
完成予定図  (マウス・オンで地図)


問題点 A

 市の財政面からは

  • 宮ノ陣町八丁島に建設予定のゴミ焼却場は、建設費155億円、維持管理費が年間10億円を必要、それ以外に用地購入費用なども必要です
  • ところで、久留米市の財政は、平成23年3月末で、一般会計・特別会計合わせると1811億円の借金があり、市民一人あたり60万円の借金に相当します。
  • 久留米市の巨大建設計画は、この新ゴミ焼却場建設計画とは別に、(仮)久留米市総合都市プラザ建設計画があり、両方で300億円を超える大事業となります。
  • 久留米市の厳しい財政事情からみて、本当に必要な事業なのか、良く考える必要があります。


問題点 B

 建設予定地の住民の声

  • 平成23年、おがた正子市議会議員は、地元宮ノ陣町で「市政報告会」を開きました。

    大勢の地元のみなさんが参加しましたが、ここで、ゴミ焼却場建設について反対だという切実な声が相次いで上がりました。

  • 久留米市は、この建設計画を、平成11年の「広報くるめ」で市民には知らせたといっていますが、地元の多くの人は、初めて知ったと驚いています。

  • 市は、建設予定地である八丁島地区の自治会長と、ゴミ焼却場建設について「合意書」を交わしたといっていますが、この合意書は地域住民に内容をよく説明し同意を得たものではないと、住民の多くの人が言っています。

  • 宮ノ陣町は筑後の米どころ、またおいしい農作物が取れる一大産地、そして八丁島は、国の公共投資で整備された優良農地です。

    このような農地を潰してゴミ焼却場を造れば、農作物を汚染し、周辺の住民はもとより、宮ノ陣町、北野町、小郡市などの周辺地域まで影響をおよぼします。

  • 地域の住民は「ふるさと八丁島を守る会」を結成し、八丁島へのゴミ焼却場建設阻止に力強く乗り出しました。
ゴミ焼却場建設予定地の地権者敷地に立つ「反対」看板

地元のみなさんの声


  • ★ 若い後継者がいるのに優良農地を潰すのは
       絶対に困る。

  • ★ ダイオキシンなど有害物質の影響が心配だ

  • ★ 交通渋滞がおきる

  • ★ 何も聞いていない、知らなかった

  • ★ 上津の改修工事をする間、他市に頼めばよい

  • ★ 修理をして使うべきだ。新しい焼却場は必要ない

  • ★(市は) 借金があるのに、税金の無駄づかいだ。




久留米民主商工会の活動

  • 久留米民商では、市が、宮ノ陣町八丁島に予定しているゴミ焼却場建設について、三役会・常任理事会・全21支部の役員会・婦人部・青年部・法人部会などで討議を重ね、宮ノ陣町八丁島地区の新ゴミ焼却場建設に反対することを確認しました。

  • 税金は、学校や保育園、養護老人ホーム、保険所などの建設、雇用の確保などもっと中小零細業者、市民のために使うべきです!

  • 私たちは、平成24年2月6日(月)、宮ノ陣町八丁島のゴミ焼却場建設について、下記の4者で、楢原利則久留米市長へ、市民76名」で「公開質問状」を提出しました。

    【参考】

    宮ノ陣町八丁島のゴミ焼却場建設についての
    「公開質問状」

      ・ふるさと八丁島を守る会
             代表:石橋 利雄
      ・久留米ごみ問題連絡会
             代表幹事:橋田沙弓
      ・久留米民主商工会
             会長:坂本よう子
      ・廃棄物問題研究会
             代表:弁護士 馬奈木昭雄

    公開質問状・連盟で捺印


宮ノ陣町八丁島地区へのゴミ焼却場建設計画について
久留米市に「公開質問状」を提出



破棄物問題研究会 代表 馬奈木昭雄弁護士


久留米民主商工会 会長 坂本よう子・部屋に入りきれない参加者



宮ノ陣町八丁島の新ゴミ焼却場建設は、税金のムダ使い

市民のみなさんへ、街頭演説・ビラ配布で訴え 2012年3月14日 午前 西鉄久留米駅前

   
 
 
  • 2012年3月14日(火)、午前、ふるさと八丁島を守る会・久留米民主商工会・ごみ問題連絡会・九州廃棄物問題研究会の四団体は、久留米市西鉄久留米駅前で、「宮ノ陣町八丁島新ごみ焼却場建設反対」の街頭宣伝、および市民のみなさんへのチラシを配布。税金のムダ遣い、許すな! 優良農地守れ! 焼却場は二つも不要!と訴えました。

         10 11 12 次(久留米市との交渉ページ)へ