本文へスキップ
             お問い合わせ 0942-35-5858
               〒830-0003 福岡県久留米市東櫛原町1507
mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmMail:minshou@kumin.ne.jp
中小業者の経営・金融・税金・くらしの相談センター 久留米民商

久留米民商 婦人部fujinnbu

お知らせ

 民商婦人部第39回定期総会のお知らせ 2017年04月28日 up

婦人部の原点は、業者婦人としての社会的、経済的地位の向上を めざす活動です。

  • 久留米民商婦人部は、業者婦人・女性事業主など700名の部員が、
  • 「一人で悩まず力合わせて、中小業者・女性問題・社会保障・教育などくらしの問題を解決しよう」と力強く取り組んでいます。
  • また、婦人部は、支部や班の中でも活躍、楽しい行事など親睦にも力を入れています。
  • 久留米民商婦人部は、下記日程で、第39回定期総会を開催します。
  •  ★日程…23日(火)
  •  ★時間…開場 18時半
  •       開会 19時
  •  ★会場…民商会館 3F
  • 【講演について
  • ・当日は、民商の顧問をしていただいている、馬奈木昭雄弁護士(久留米第一法律事務所)に、今の国の動き、特に、「共謀罪」の問題について講演をしていただきます。

 みんなで楽しくおしゃべり★各支部が「婦人のつどい」 2017年04月28日 up

  • ★婦人のつどい・婦人部総会
         集まって、話し合い、力あわせて 業者婦人の要求実現!
  • ●久留米民商婦人部では、全支部が「婦人のつどい」を開いて、婦人部員どうし集まって、話をしながら親睦を深めています
  • ●それぞれの支部で会場や時間を決めて開かれる「婦人のつどい」には、部員さんが集まって、楽しいおしゃべりや役に立つ情報交換、部員のみなさんから参加して良かった!とおもわれる集まりにしようと支部〃に工夫をこらした催しなどが計画されています。
  • ●ある支部は、4月24日、公民館で「婦人の集い」として食事会を開き、九名が参加しました。日頃の婦人部活動への協力をねぎらい、みんなでおしゃべり。つい先日起こった福岡の3.8億円強奪事件も話題に。共謀罪の話しでは、こういう寄り合で政治の話しをしても「逮捕」かも・・との声

  • ●同じ4月24日には、別の支部が、婦人部員と一般会員に呼びかけて、ひさしぶりにカラオケ大会を開き、十数名が参加。
  • こういう支部での集まりに初めて参加した方も4名いて、これからも継続して計画しようと話し合われました。
  • 5月に開催される婦人のつどいの詳細は、支部の理事さんや世話人さんより連絡があります

 民商婦人部秋の恒例バスハイク 2016年11月18日 up

  • 有田焼創業400年と武雄温泉へ
  • ■先月のバザーで奮闘した民商婦人部は、11月6日(日)、秋晴れの下、「有田焼通り→武雄センチュリーホテル→陽光美術館、彗洲園→武雄温泉桜門→武雄温泉物産館」へと、日帰りバスハイクを行いました。
  • ■参加者は、バスの中ではゲームなどで大賑わい。
  •  有田では、自分好みのカップや皿・花瓶など有田の陶磁器をいろいろと物色。
  • ■武雄温泉では、和やかにランチ。カラオケで楽しみました。
  •  みなさん、のびのびと秋を満喫した一日でした。

        

 婦人部バザー大盛況!で終了 2016年10月29日 up

昼過ぎには、ほぼ完売!でした

  • ★この秋、民商全体で取り組んできた「婦人部バザー」が、
     10月23日(日)朝から、民商駐車場で開催されました。
  • 開店前の打合せでは、坂本よう子会長から、民商全体で取り組んできた12年ぶりのバザーの開催です、力合わせて頑張りましょうとあいさつ。
  • ★当日は朝早くから、たくさんの婦人部のみなさん、事務局が、会場つくりや商品展示、飲食品の炊き出しで奮闘。
  •  

     
  •  
  • ★午前10時スタートの婦人部バザー、朝の会場時には、あいにくの雨の出足が心配されましたが、開店と同時に、待ちかねたようにおおぜいのお客さんが来場、市価の七割以上引きに値付けされたタオル・石けん、衣類、食品、陶器、日用品・雑貨など品目別のテーブルを取り囲み、婦人部のハッピをきた部員さん達も応対におおわらわとなりました
  • 会館1Fの食堂は、婦人部が前日から仕込んだ、カレー、ぜんざい、コーヒーのお客さんで、終始にぎわっていました。

     お昼過ぎには完売のオーダーストップ!
  •  
  • ★「婦人部バザー」は、みなさんのご協力、ご奮闘で大成功でした。
  •  参加の婦人部のみなさんも、全員「良かった、本当に楽しかった、またやりたい」、と笑顔でした。




「婦人部バザー」成功のため、品物集めやご来場を呼びかけていただいた役員、世話人のみなさん。品物をご提供いただいたみなさん。
ご来場いただいたみなさん。
値付けや、炊き出し、当日の
会場で奮闘された婦人部のみなさん

ありがとうございました!
 


  •  秋の恒例 バスハイク  2015年11月13日up


【民商婦人部 秋の恒例バスハイク! 日頃の疲れをいやして 親睦を!

  • ・婦人部は、11月1日(日)、毎年恒例の秋のバスハイク(熊本・阿蘇)を行いました
  • ・藤崎八幡宮で参拝、阿蘇プラザホテルで昼食と入浴。阿蘇のお猿の里で猿回しを見て、キムチの里でお買い物というコースです。
  • ・ホテルでは入浴と昼食ーカラオケで大いに盛り上がりました。
  • ・バス車中では、副部長の名ガイドで、ゲームやバナナのたたき売りを行い大にぎわい!
  • 「ほんとうに楽しかった」「また来年も参加したい」と参加のみなさんの感想です。





役員・参加のみなさん、ご苦労さまでした。


 婦人部新年祝賀会を開催

  • 久留米民商婦人部は、1月26日(月)ハイネスホテルで、「新年祝賀会」を行い、おがた正子副会長はじめ民商三役を来賓に迎え、全支部から婦人部員さんが参加しました。
  • 祝賀会は、中島副会長の開会の挨拶の後、山田婦人部長、来賓として、鹿毛満貴民商副会長の挨拶、宮崎事務局長からは、婦人部として春の運動全力でガンバローと訴え。
  • おがた正子市議のあいさつと乾杯が行われ、食事をしながらの第二部アトラクションでは、くじ引き抽選の発表や、各支部からの元気で楽しい出しもの、歌や踊りが披露され、女性パワーでおおいににぎわいました。

     
  •  
  •  

婦人部の活動

活動報告写真

婦人部の原点は、業者婦人としての社会的、経済的地位の向上を めざす活動です。

久留米民商婦人部は、業者婦人・女性事業主など700名の部員が、
「一人で悩まず力合わせて、中小業者・女性問題・社会保障・教育などくらしの問題を解決しよう」と力強く取り組んでいます。

また、婦人部は、支部や班の中でも活躍、楽しい行事など親睦にも力を入れています。


婦人部は、所得税法第56条廃止署名活動にがんばってます

活動報告写真

所得税法第56条とは

所得税法第56条では、白色申告者の配偶者とその親族が事業に従事しても、給与は事業者の「所得」となり、必要経費と認められません。

事業主の所得から控除される働き分は、配偶者で86万円、他の家族で50万円。

業者婦人の働き分が給与として認められないことが、出産手当や傷病手当も認めないという社会保障の劣悪な状態を作り出しており、この「封建的」な家制度の名残りである56条は早急に廃止すべきと、全国でも300余の自治体が国に意見書をあげています。
久留米民商婦人部では、全国の民商とともに、この56条廃止請願署名に力を入れています。

「所得税法第56条 → 参考